ホンドギツネ(キツネ)…北摂の生き物

 

子ギツネの写真
2012年5月26日…大阪府

 やっと野生のホンドギツネの写真が撮れました。少なくとも2ひきの子ギツネが遊んでいました。やはり子供のホンドギツネは危険を知らないので昼に行動しているのだろうと思っていました。調べるうちに、繁殖期のキツネは昼にも活動することを知りました。残念ながら撮影場所は大阪府ですが北摂地域ではありません。この場所で近くの人に聞くと、「ホンドギツネが姿を見せるようになったのは1年半(2012年5月から)ほど前から」だそうです。

ホンドギツネの写真

振り向いたホンドギツネ

親のホンドギツネ
2012年5月28日…大阪府

 近くを探してみました。親のホンドギツネがいました。やせています。母親のホンドギツネは子育てをするときにやせるそうなので、母ギツネかもしれません。

逃げるホンドギツネの子ギツネ

 道に迷いました。ところがその道にホンドギツネの子ギツネがいました。ゆっくりと歩いてはいたのですが、驚かせてしまったようです。

ホンドギツネの剥製
2010年8月22日…兵庫県三田市(剥製)

 ホンドギツネを見る機会が非常に少なくなってきました。かつては大阪府池田市内でも時々目撃情報を耳にしたものですが最近はほとんど情報がありません。2010年には、大阪府池田市と大阪府高槻市堅田地区、兵庫県川西市、兵庫県三田市の情報がありましたが、それぞれ1件ずつです。ホンドギツネは北摂地域ではどんどん減少している生き物だと思います。できるだけこれまでの情報も記録しておきます。

1984/02/19

大阪府池田市五月山

 児童文化センターの職員の方からキツネの姿を見たという話を聞いた。耳はピンとたっており顔は細く尾が大きくふさふさしていたという。Tan.館長の話では2年程前にも姿を見たらしく1匹がのたれ死にしていたそうである。

1984/06/02

大阪府池田市池田駅前公園

 昨日Tan.さんにあったがそのときの話で6月2日の夜1時か2時ごろ池田駅前公園でガリガリのキツネを見たという。

1989/05/08

大阪府池田市細河

 家庭訪問でNis.君の家へ行った。今年2月か3月ごろキツネが家のすぐ前に出てきて鳴いていたそうだ。

1990/05/25

大阪府池田市五月山ひょうたん島コース

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.17 聞いたことのない鳴き声が聞こえたので、そっとみにいくと、キツネだった。 ひょうたん島コースの下などで、キツネの巣と思われる穴が見つかる。

1993/01/23

大阪府池田市五月丘

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.18 五月丘の人が、家を訪れる五月山の動物達の写真を見せてくれました。タヌキとキツネが、仲良くエサを食べているます。以前は、日中明るい時でも訪れてきたのですが、最近は夜しか来ないそうです。彼らを驚かさないためにも、犬を連れて五月山を散歩するときは、必ずつないで歩きましょう。

1993/01/23

大阪府池田市五月丘

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.29 五月丘に住む人が、「わが家を訪れる珍客です。」と、写真を見せてくれました。タヌキとキツネがいっしょにエサを食べています。けんかはしないのでしょうか。

1993/02/03

大阪府池田市五月山池田ゴルフ場

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.29 雪が降ったのでゴルフ場に行ってみました。雪の上にいっぱい動物の足跡がついています。一直線についた足跡はキツネのものでしょう。

1993/05/14

大阪府池田市五月丘緑化植物園

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.22 夕方6時30分頃、キツネの鳴き声が聞こえてきました。そっと見に行くと、娯三堂古墳の先っぽで鳴いています。カメラを向けたのですが、写っていたのはストロボの光を反射して夕闇に光る二つの目だけでした。

1993/05/14

大阪府池田市五月丘緑化植物園

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.29 夕方、植物園横の娯三堂古墳で、キツネがケン、ケンとよく響く声で鳴いていました。

1993/09/08

大阪府池田市五月山

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.25五月山を管理するおじさんが、ひょうたん島の先っぽで、キツネに出会いました。トラックの方をいちべつして、ゆっくり草むらに消えたそうです。

1993/09/08

大阪府池田市五月山

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.29 ひょうたん島の先っぽで、公園管理のおじさんがキツネに出会いました。

1993/10/04

大阪府池田市五月山

 五月山緑地都市緑化植物園 五月山・しぜんのたよりNO.26 ハイキングコースから谷へ下り、3年前に見つけたキツネ穴を見にいきました。いくつかの穴で新しく土をかき出した跡があり、今も巣に使っているようです。

1994/02/13

大阪府池田市五月山

 昨日、10センチ近く雪が積もったので、五月山へ足跡の調査に出かけた。 確実に確認できたのは、ウサギとシカである。 よく分からなかったのは、トリ・イヌ・キツネ・タヌキ・リス・シノシシである。

1994/10/14

兵庫県川西市平野

 コゲラちゃん川西の自然情報コーナー第11号キツネにニワトリ食べられる。

1994/10/19

大阪府池田市伏尾台

 Kis.先生の話では、この数カ月の間に夜4回ほどキツネを目撃したそうだ。

 

 大阪府池田市でホンドギツネの写真を撮られた方の情報は4件しか知りません。1件は2010年にY.さんが市内で撮影された、年老いたホンドギツネです。本人のホームページにも紹介されていないので、これについては省略します。

 もう1件は、当時大阪府池田市緑丘に住んでおられた中野さんが撮影されたものです。2004年から2005年前後に撮影されたもので、家の庭にやってきたときのものだそうです。池田市の五月山の南斜面のホンドギツネの目撃情報がなくなった今となっては貴重な写真です。

大阪府池田市緑丘のホンドギツネ
2004年から2005年前後…大阪府池田市緑丘

 中野さんの話では、若いホンドギツネだったようです。庭にやって来るタヌキやアライグマの中では最も神経質な動物だったそうです。これらの動物が同時に顔を合わせたときがあったそうですが、最初に逃げたのがホンドギツネだったそうです。それ以降は姿を見ることがなくなったとのことです。このころ家の周囲でホンドギツネの鳴き声も聞かれたそうです。

 中野さんが大阪府池田市緑丘に住まれるようになった1980年前後には、家の前でもホンドギツネを目撃されたそうです。

最近のホンドギツネ目撃情報です。

2010年9月15日…兵庫県川西市(川西自然教室「こげらだより」より)
尻尾の白いガリガリのホンドギツネが歩いている。

京都市動物園のホンドギツネ
2011年8月9日…京都府京都市動物園(飼育)

 1年以上ねばっているのですが、まだ自動撮影のカメラにさえホンドギツネは写ってくれません。仕方がないので京都府にある京都市動物園のホンドギツネの写真を撮ってきました。………野生の姿を見たい。(2011年8月記)

ホンドギツネの顔

ホンドギツネの糞
2012年5月26日…大阪府

 ホンドギツネがいた場所にあった糞です。ホンドギツネのものと思われます。右端が伸びたようになっていますがこのような形がホンドギツネの糞の特徴です。

ホンドギツネの足跡

 左の曲がった溝のような模様はトラクターによるものです。中央付近に向こうからこちら下に点々と足跡がついています。直線的です。このように直線的に足跡がつくのがホンドギツネの足跡の特徴です。

キツネの糞
2012年5月28日…大阪府

 典型的なキツネの糞がありました。毛が混じっていて、糞の先が伸びています。

 2012年12月26日、tam.さんから大阪府のキツネの情報をいただきました。

「2000年代後半まで服部緑地と桃山台の間の竹林(丘)と水田が残存していた春日地区にキツネが生きてました。

 深夜のジョギング等で、池のアヒル等を狙う姿も見られましたが、箕面森町のように大規模宅地(旭ヶ丘)開発で おそらく、、、。

 最後に見たのは、ガリガリで、服部霊園の鯉か? 亀?を狙ってるのを目撃しました。4年前ですね。」

とのことでした。ありがとうございました。今も元気にしているといいのですが…。

 川西自然教室の「こげらだより」第232号に2013年2月19日に鼓が滝でキツネを見たという内容が書かれていました。いそいで担当の人に連絡をしました。ところがなぜか目撃した人がだれかわかりませんでした。やはり年老いたホンドギツネだったのでしょうか…?

月
2013年5月22日…大阪府

 2013年5月22日、昨年ホンドギツネの子どもを見た場所で子育てをしているだろう。そう思って探しに行きました。ところが糞がありません。作業をされている人がおられたので話しを聞いてみました。

「糞は落ちていました。わたしが片付けました。キツネはよく見ます。でも子どものキツネは見ていません。キツネは人を見ても逃げずに、すぐ近くまで行けます。病気のような感じです。この携帯での写真もその時に撮ったものです。」今年は繁殖していませんでした。話しを聞いているとホンドギツネの母ギツネのようです。繁殖をせずに、人からも逃げようとしない。何か悲しい話しでした。もうここでの繁殖はないのかもしれません。この地域での最後の写真になるかもしれないので、携帯の写真を使わせていただきたかったのですが、家までお邪魔してしまいましたがうまくデータを移動することができませんでした。

 ひょっとすると母ギツネを見ることはできるかもしれない。もちろんそのような可能性は1/100もないでしょう。でも、月が出って周りが見えなくなるまで待ちました。声を聞くこともできませんでした。

 今年2013年5月に大阪府池田市の五月山でホンドギツネが自動撮影のカメラで撮影されたそうです。もうここには生き残っていないだろうと思っていたので大喜びです。(撮影されたことの確認は7月5日にしました)